Advanced Programing 2017

はじめに

本授業のサンプルプログラムは演習室のVine Linuxと図書館のCent OSでのみテストしており、それ以外での環境での正常な動作を保証しません。
演習室のPCの都合上、本授業の用いているOpenCVやODEが最新のものではないためです。
ですので、演習室以外のPCで課題を行うためにはそれと同じ環境を構築する必要があります。
しかしながら、図書館のPC(情報教育端末)の仮想デスクトップを使うことで、演習室のPCと同様の環境でプログラム開発が可能です。
また、自身のPCに、演習室と同じOSの仮想マシンを導入するでも課題を行うことができます。

仮想デスクトップ(オススメ!)

サイバーメディアセンター情報教育システムで提供されている仮想デスクトップを利用して、図書館のPC(情報教育端末)を遠隔操作することで、どこでもプログラム開発を行うことができます。
以下の手順で遠隔操作システムを設定してください。

  1. 環境構築マニュアルに従って、ダウンロード・インストールする。
    • Windowsの場合:キャンパスクラウドエージェント・VMWare Horizon Veiw Client
    • Macの場合    :VMWare Horizon Veiw Clientのみ
  2. 演習室と同じIDとパスワードでログインする。
  3. CentOS 6.5を起動する。
  4. 演習室と同じパスワードでログインする。
  5. 授業と同じ環境で課題を進める。
    • ODE課題の場合も、演習室と同様に、ap2017_gamelib_linux_20170409でコンパイルしてください。

この方法では自分で環境構築する必要がない長所がありますが、台数が制限(図書館)されていたり、動作の性能がネット回線の速度に依存したりする短所があります
(あまり気になったことはありませんが…)。

仮想マシン

一方、仮想マシンを利用する方法は自分で各種の設定をする必要がありますが、安定な速度でプログラムを実行できます。
以下では、仮想マシン(VMware)を用いてVine Linuxを導入する方法を紹介します。
Vine Linux on VMware Player


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS