*はじめに [#lcbc820f]
本授業のサンプルプログラムは基本的にCent OSとVine Linuxでのみ動作します.
本授業のロボットライブラリとサンプルプログラムは基本的にCent OSとVine Linuxの32ビット版でのみ動作します.

Macでは動きませんし,Ubuntuなどの他のOSではテストしていません.

ですので,MacやWindowsユーザは仮想マシンを導入するか,図書館のPCを利用してください.

以下では,VirtualBoxを用いてCent OSを導入する方法を紹介します.(おそらくこの方法が一番安定)
以下では,VMwareを用いてCent OSを導入する方法を紹介します.(おそらくこの方法が一番安定)

*Cent OSのダウンロード [#x6356f4d]
まずは,
 http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/isos/i386/CentOS-6.8-i386-bin-DVD1.iso
でCent OSのDVDイメージをダウンロードしてください.
まずは,[[ミラーサイト>http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/isos/i386/CentOS-6.8-i386-bin-DVD1.iso]]
でCent OS6.8の32ビット版のDVDイメージをダウンロードしてください.
(けっこう時間かかります)

*仮想マシン [#h797f4a2]
*仮想マシンのインストール [#h797f4a2]
仮想マシンとはホストOS上で,別のゲストOSを動かすことのできるソフトウェアです.

例えば,V
今回はVMwareを使いますが,他には例えば,VirtualBoxやVirtual PCがあります.

まずは,[[VMwareのホームページ>http://www.vmware.com/jp/products/workstation.html]]
のダウンロード -> Workstation Playerからファイルをダウンロードしてください.

その後のセットアップは[[こちらのホームページ>http://nelog.jp/vmware-install]]が詳しいです.

*VMware上へのCent OSのインストール [#o5850bfc]
[[このホームページ>http://www.infraeye.com/study/linux3.html]]を参考にインストールしてください.

*プログラムに必要なパッケージのダウンロード [#z863a3b4]
まず,Cent OSで,ネットワークに接続していることを確認してください.

端末上で,
 su
と,パスワードを入力してスーパーユーザになります.

そして,
 yum update
 yum install freeglut freeglut-devel
 yum groupinstall "Development Tools"
を入力して,必要なパッケージをインストールしてください.

もし,エラーが出たら,エラーメッセージの指示に従ってください.

これで準備OKです.


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS