新曜社より「ロボットと共生する社会脳:神経社会ロボット学」を出版

浅田教授と長井特任准教授が章を担当している「ロボットと共生する社会脳:神経社会ロボット学」(苧阪直行 編)が,新曜社より出版されました.
http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1456-0.htm

  1. 心の理論をもつ社会ロボット─ロボットの「他者性」をめぐって 苧阪直行
  2. ロボット演劇が魅せるもの 坊農真弓・石黒浩
  3. 人工共感の発達に向けて 浅田 稔
  4. ロボットに「人らしさ」を感じる人々 神田崇行
  5. 遠隔操作アンドロイドを通じて感じる他者の存在 西尾修一
  6. アンドロイドへの身体感覚転移とニューロフィードバック 西尾修一
  7. 感覚・運動情報の予測学習に基づく社会的認知機能の発達 長井志江
  8. 人間とロボットの間の注意と選好性 吉川雄一郎
  9. ブレイン・マシン・インタフェース─QOLの回復を目指して 平田雅之
Categories: News

Comments are closed.