Research

Child Android Design

This project aims to build a child android “Affetto”, which has a child-like body in size, shape, softness, and expressiveness. Realizing several structures and functions for humanlike impression or behaviors … Continue Reading →

Cognitive Development Based on Sensorimotor Predictive Learning

Human infants acquire various cognitive abilities in the first few years of life. Although behavioral changes in infants have been closely investigated, the underlying mechanisms for the development are not … Continue Reading →

Understanding and Assisting Autism Spectrum Disorder

Individuals with autism spectrum disorder (ASD) suffer from hyperesthesia/hypoesthesia as well as difficulties in social interaction. To understand the underlying mechanism for atypical perception and its influence on social de cits, … Continue Reading →

Neural substrates of self-consciousness

We investigate how human brain represents the self using psychological and neuroimaging (fMRI, EEG), non-invasive brain stimulation (tDCS) techniques. We are specifically interested in neural mechanisms underlying corporeal self-consciousness, which … Continue Reading →

Motor Learning through Goal Babbling

How do infants incrementally learn to coordinate their ever-changing bodies with hundreds of degrees of freedom? How do they tell percepts of themselves from percepts of the environment and others … Continue Reading →

Hyperscanning MEG for understanding mother-child cerebral interactions

The underlying neural mechanism for parent-child interactions has not yet been revealed. We introduced a magneto-encephalographic (MEG) hyperscanning system to examine brain-to-brain interactions. We used two whole-head MEG systems placed … Continue Reading →

Lingua

Sorry, this entry is only available in Japanese.

RoboCup

「2050年にワールドカップのチャンピオンチームに勝てるロボットをつくる!」 ロボットの技術力向上とその研究成果の社会への発表の場として1997年にスタートした世界的なロボット競技会ロボカップは、 今日のロボットブームの火付け役となりました。 浅田稔教授はその創始者の一人であり、大会の立ち上げ当初から実行と運営に携わっており、 研究室も毎年日本大会と世界大会に参加しています。 ロボカップグループはロボカップのヒューマノイドリーグに参加し、歩行や起き上がり、 キックといった基本動作の獲得の問題について取り組み、 ヒューマノイドでは初めて2体のロボットによるパス行動学習を実現しました。2013年度の世界大会ではヒューマノイドアダルトサイズ部門で世界一を勝ち取りました。ロボカップの学生チームは東京五輪招致チームとともにベストチームオブザイヤーに選出され、表彰を受けました。その時の取材記事はこちら。

Fetus simulator

胎児・新生児の全身筋骨格シミュレータを用いて発達メカニズム解明と早産児の運動解析に関する研究を行います。 シミュレータは全身に200個近い筋や触覚センサ、視覚センサを持つ胎児や新生児のシミュレータで、これまで胎生初期の行動発達モデルの研究等に使用されており、科学的な研究や早産児を含むケア等医療に対する貢献が期待されています。 具体的には以下を行う予定ですが、これに限らず新しい発想の研究も模索します。 (1)シミュレータの公開に向けたソフトウェア開発 (2)胎児・新生児の認知運動発達に関する神経回路モデル (3)早産児の運動と発達障害の関係に関する研究 詳細は森裕紀助教のサイトに掲載されております。

Measurement of human's mind perception of robots

ロボットは人工物でありながら,しばしば擬人的に(心があるかのように)捉えられる不思議な存在です.一定の条件を満たすことで,例え人工物のロボットであっても,それに対して人間は様々な社会的な振る舞いを潜在的に示すことが知られています.この研究では、ロボットの見た目や動作など統制されたパラメータがどのようにロボットに対する人間の振る舞いや印象,脳生理反応に影響を与えるかを調べることで,脳に備わった社会性を生み出す様々な潜在的なメカニズムを探っていけるのではないかと考えています.具体的には,他のエージェントに心を感じる,リズムが同調する,共感してしまう,そのような脳のメカニズムを心理学,神経科学,情報科学などの手法を駆使して調べています.詳細は高橋英之特任助教のサイトに掲載されています。

Comments are closed.