業績

平成29年度 平成30年度

平成30年度

原著論文

Ryo Iwaki, Hiroki Yokoyama and Minoru Asada, “Incremental Estimation of Natural Policy Gradient with Relative Importance Weighting,” IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E101-D, no.9, pp. 2346-2355, 2018.

Ryo Iwaki and Minoru Asada, “Implicit incremental natural actor critic algorithm”, Neural Networks, vol. 109, pp. 103-112, 2019.

Jihoon Park, Koki Ichinose, Yuji Kawai, Junichi Suzuki, Minoru Asada, and Hiroki Mori, “Macroscopic cluster organizations change the complexity of neural activity,” Entropy, vol. 21, no. 2, 214, 2019.

Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “A small-world topology enhances the echo state property and signal propagation in reservoir computing,” Neural Networks, vol. 112, pp. 15-23, 2019.

Chiaki Hasegawa, Tetsuya Takahashi, Yuko Yoshimura, Sou Nobukawa, Takashi Ikeda, Daisuke N. Saito, Hirokazu Kumazaki, Yoshio Minabe and Mitsuru Kikuchi, “Developmental trajectory of infant brain signal variability: A longitudinal pilot study”, Frontiers in Neuroscience, vol. 12, 566, 2018.

Yuko Yoshimura, Mitsuru Kikuchi, Hirotoshi Hiraishi, Chiaki Hasegawa, Tetsu Hirosawa, Tetsuya Takahashi, Toshio Munesue, Hirotaka Kosaka, Haruhiro Higashida and Yoshio Minabe, “Longitudinal changes in the mismatch field evoked by an empathic voice reflect changes in the empathy quotient in autism spectrum disorder”, Psychiatry Research: Neuroimaging, vol. 281, pp. 117-122, 2018.

Sou Nobukawa, Mitsuru Kikuchi and Tetsuya Takahashi, “Changes in functional connectivity dynamics with aging: A dynamical phase synchronization approach”, Neuroimage, vol. 188, pp. 357-368, 2019.

Renata S. Mendonça, Christoph D. Dahl, Susana Carvalho, Tetsuro Matsuzawa, and Ikuma Adachi, “Touch-screen-guided task reveals a prosocial choice tendency by chimpanzees (Pan troglodytes)”, PeerJ, vol. 6, e5315, 2018.

Takashi Hayakawa, Senthilvel K. S. S. Nathan, Danica J. Stark, Diana A. Ramirez Saldivar, Rosa Sipangkui, Benoit Goossens, Augustine Tuuga, Marcus Clauss, Akiko Sawada, Shinji Fukuda, Hiroo Imai, and Ikki Matsuda, “First report of foregut microbial community in proboscis monkeys: are diverse forests a reservoir for diverse microbiomes?” Environmental  Microbiology Reports, vol. 10, no. 6, pp.655-662, 2018.

Hye-rin Kim, Wataru Toyokawa and Tatsuya Kameda, “How do we decide when (not) to free-ride? Risk tolerance predicts behavioral plasticity in cooperation,” Evolution and Human Behavior, vol. 40, no. 1, pp. 55-64, 2019.

Hiroshi Matsui and Ei-Ichi Izawa, “Rapid adjustment of pecking trajectory to prism-induced visual shifts in crows as compared to pigeons”, Journal of Experimental Biology, vol. 222, jeb.182345, 2019.

Manami Tsuruta and Keigo Inukai, “How are individual time preferences aggregated in groups? A laboratory experiment on intertemporal group decision-making”, Frontiers in Applied Mathematics and Statistics, vol. 4, no. 43, 2018.

María J. Muñoz Torrecillas, Salvador Cruz Rambaud and Taiki Takahashi, “Self-Control in intertemporal choice and mediterranean dietary pattern,” Frontiers in Public Health, vol. 6, no. 176, 2018.

Song-Ju Kim and Taiki Takahashi, “Performance in multi-armed bandit tasks in relation to ambiguity-preference within a learning algorithm,” Frontiers in Applied Mathematics and Statistics, vol. 4, no. 27, 2018.

Taiki Takahashi, “Behavioral economics of addiction in the age of a super smart society: Society 5.0,” Journal of Transdisciplinary Federation of Science and Technology, vol. 12, no. 2, pp. 119-122, 2018.

Akiko Matsuo, Kazutoshi Sasahara, Yasuhiro Taguchi, and Minoru Karasawa, “Development and validation of the Japanese moral foundations dictionary”, PLOS ONE, vol. 14, No. 3, e0213343, 2019.

Kazutoshi Sasahara, “You are what you eat: A social media study of food identity”, Journal of Computational Social Science, pp. 1-15, 2019.

査読付き国際会議

Yuji Kawai, Tomohiro Takimoto, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Efficient reward-based learning through body representation in a spiking neural network,” In Proceedings of the 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics, pp. 198-203, 2018.

Kazuki Tachikawa, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Effectively interpreting electroencephalogram classification using the Shapley sampling value to prune a feature tree”, In Proceedings of the 27th International Conference on Artificial Neural Networks, pp. 672-681, 2018.

Kazuki Tachikawa, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Compensated integrated gradients to reliably interpret EEG classification”, In Proceedings of Machine Learning for Health Workshop at NeurIPS 2018, 2018.

査読なし国内・国際会議

津田一郎, “拘束条件の意味と具体化,” RISM共同研究 Mathematical Analysis of Self-organization with Constraints, 2018.

梶川駿介・松橋眞生・小林勝哉・人見健文・大封昌子・山尾幸広・菊池隆幸・吉田和道・國枝武治・行木孝夫・津田一郎・松本理器・高橋良輔・池田昭夫, “発作時直流緩電位 (Ictal DC shifts) の類型化の試み:時定数10秒と2秒の比較とクラスター解析の試み,” 第48回日本臨床神経生理学会学術大会, 2018.

津田一郎, “変分原理による脳の機能分化,” 基盤研究B&基盤研究C合同ワークショップ, 2018.

津田一郎, “脳情報生成におけるカオスの役割,” 基盤研究B&基盤研究C合同ワークショップ, 2018.

中村文彦, “Bonhoeffer-van der Pol model in the presence of external forces,” RISM共同研究 Mathematical Analysis of Self-organization with Constraints, 2018.

立川和樹・河合祐司・朴志勲・浅田稔, “脳波特徴の階層性を利用した効率的なシャープレイ値推定による脳波識別の根拠の定量化,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

立川和樹・河合祐司・朴志勲・浅田稔, “Integrated Gradientsの補正による脳波識別に貢献する特徴の可視化,” 第21回情報論的学習理論ワークショップ, 2018.

河合祐司・瀧本友弘・朴志勲・浅田稔, “スパイクニューラルネットワークの自己組織化と身体運動の相互作用を通した報酬学習,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

岩城諒・浅田稔, “エントロピー正則化付方策改善のための目的関数の補正,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

Tomohiro Miki, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Intrinsically bursting neurons enlarge timescales of fluctuations in firing rates,” The 27th Annual Computational Neuroscience Meeting, 2018.

Motohiro Ogura, Jihoon Park, Yuji Kawai, and Minoru Asada, “An excitation / inhibition ratio impacts on organization of neural connectivity and information transfer,” The 27th Annual Computational Neuroscience Meeting, 2018.

Yuho Ozasa, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Neural modularity helps to alleviate catastrophic forgetting in echo state networks,” 脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ, 2018.

Kazuki Tachikawa, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Compensation of integrated gradients for reliable evaluation of feature contributions to EEG classification,” 脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ, 2018.

Hiromitsu Suganuma, Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Evolution of collective behavior to maximize transfer entropy,” 脳と心のメカニズム 第19回冬のワークショップ, 2018.

Jihoon Park, Yuji Kawai, and Minoru Asada, “Self-organization of a network structure and emergence of behaviors under body constraints in the embodied system,” The 1st International Symposium on Symbiotic Intelligent Systems, 2019.

吉村優子, “発達障害がある子どもたちの聴覚情報処理特性 ,” 第1回COI学会, 2018.

吉村優子, “言語発達の神経基盤,” 次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム2018, 2018.

Yuko Yoshimura, Mitsuru Kikuchi, Chiaki Hasegawa, Sachiko Kitagawa, Takashi Ikeda, Daisuke Saito, Hirokazu Kumazaki, Tetsu Hirosawa, Tetsuya Takahashi, and Yoshio Minabe, “Effects of oxytocin on social auditory processing and empathy in male adults with autism spectrum disorder,” The 21st International Conference on Biomagnetism, 2018.

吉村優子, “低出生体重児の客観的理解を目指した生理学的指標の解明と社会性獲得の評価方法確立に向けた基盤研究,” JSTフェア2018, 2018.

吉村優子, “定型発達児における聴覚誘発磁場と言語能力の関係,” 日本特殊教育学会 第56回大会, 2018.

Yuko Yoshimura, Koji Kawahara, and Hiroko Kawahara, “Turn-taking in children with autism spectrum disorder: discussion from Ne and backchannel interjections,” The 26th Japanese/Korean Linguistics Conference, 2018.

齋藤大輔, “脳機能イメージング -発達に影響を与える生活環境・スタイルとオキシトシン-,” 日本子ども虐待防止学会 第24回学術集会おかやま大会, 2018.

齋藤大輔, “投影法課題における図版の特性と性格傾向を反映した神経基盤,” 日本心理学会第82回大会, 2018.

高橋哲也, “如何にして複雑な脳内ネットワークを捉えるか,” 第19回 脳と心のメカニズム 冬のワークショップ, 2019.

Chiaki Hasegawa, Tetsuya Takahashi, Yuko Yoshimura, Sachiko Kitagawa, Takashi Ikeda, Daisuke N. Saito, Hirokazu Kumazaki, Yoshio Minabe, and Mitsuru Kikuchi, “Developmental trajectory of infant brain signal variability: A longitudinal pilot study,” The 21st International Conference on Biomagnetism, 2018.

Takashi Ikeda, Chiaki Hasegawa, Yuko Yoshimura, Tetsuya Takahashi, Hirotoshi Hiraishi, Mitsuru Kikuchi, Masayuki Hirata, Yoshio Minabe, and Minoru Asada, “Alpha band suppression during an interactive tapping task: A parent-child hyperscanning-MEG study,” The 21st International Conference on Biomagnetism, 2018.

香田啓貴, “サルの音声発達における制約とヒト発話を接続しうるもの,” 日本赤ちゃん学会第18回学術集会, 2018.

香田啓貴, “社会との相互作用下で創発する霊長類のコミュニケーション,” 日本進化学会第20回大会, 2018.

Hiroki Koda, “A bottom-up mechanism generating new action,” Joint Workshop on Current and Future Cooperation: Kyoto University – University of Vienna, 2018.

香田啓貴, “霊長類の行動の相互作用によって生じる行動伝播過程について,” 日本生態学会第66回全国大会企画シンポジウム「社会学習による行動伝播の生態学における役割」, 2019.

松田一希・Augustine Tuuga・Benoit Goossens・Sen Nathan・Danica J. Stark・Diana A. R. Ramirez・香田啓貴, “テングザルは鼻が武器? 犬歯 vs. 鼻,” 第63回プリマーテス研究会, 2019.

T. Morita, “An advantage of animal song analysis by hierarchical grammars,” 東京共創言語進化学講座, 2019.

豊田有, “ベニガオザルにみられるメス資源をめぐる協力行動 -協力と連合の生物進化を促進する社会の諸条件の考察-,” 新学術領域研究「共創言語進化」第3回領域全体会議, 2019.

Kiri Kuroda and Tatsuya Kameda, “Emergence of cooperative division of labor in dyadic foraging under risk,” The 30th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society, 2018.

黒田起吏・大槻久・亀田達也, “Speed–accuracy tradeoff状況における二者の意思決定プロセス,” 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

黒田起吏・大槻久・亀田達也, “リスク下の社会的採餌における協力的な分業の創発 認知–生理–行動実験による検討,” 日本社会心理学会第59回大会, 2018.

金恵璘・亀田達也, “社会情報は偏見に基づく推定バイアスを低減できるか?-情報カスケード実験による検討-,” 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

金恵璘・亀田達也, “社会情報は偏見に基づく推定バイアスを低減できるか?-情報カスケードパラダイムを用いた実験的検討-,” 第22回実験社会科学カンファレンス, 2018.

河田淳・永澤美保・村田藍子・茂木一孝・渡邊克巳・菊水健史・亀田達也, “アルギニンヴァソプレシンによる防衛的な攻撃行動の促進,” 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

河田淳・永澤美保・村田藍子・茂木一孝・渡邊克巳・菊水健史・亀田達也, “アルギニンヴァソプレシンによる先制攻撃行動の促進,” 日本社会心理学会第59回大会, 2018.

Atsushi Ueshima and Tatsuya Kameda, “What am I supposed to say?: Anticipating group discussion promotes cognitive consistency in distributive choices for others,” The 40th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, 2018.

内藤碧・増田直紀・亀田達也, “社会的ネットワーク構造が集合知の創発に与える影響 -時間的変動環境における集合知の検討-,” 第22回実験社会科学カンファレンス, 2018.

内藤碧・増田直紀・亀田達也, “社会的ネットワーク構造が集合知の創発に与える影響 -時間的変動環境における集合知の検討-,” 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

上島淳史・亀田達也, “社会的分配をめぐる合意形成の経験は平等原理とマキシミン原理の区別を促すか:二者間での相互作用場面を用いた実証研究,” 日本行動経済学会第12回大会, 2018.

上島淳史・亀田達也, “平等主義的分配は他者との相互作用場面において支持されるか(2) ―合意形成場面における情報探索プロセスと発話の分析―,” 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

上島淳史・亀田達也, “社会的インタラクションの予期が分配の決定の一貫性を高める,” 第22回実験社会科学カンファレンス, 2018.

上島淳史・亀田達也, “社会的分配をめぐる合意形成の経験は平等原理とマキシミン原理の区別を促すか:二者間での相互作用場面を用いた実証研究,” 日本行動経済学会第12回大会, 2018.

Hiroshi Matsui and Ei-Ichi Izawa, “Neural substrates for sensorimotor plasticity to control pecking with an experimentally extended bill in pigeons,” The 13th International Congress of Neuroethology, 2018.

盛田一孝・伊澤栄一, “A functional anatomy of visceral pallium of pigeon,” 日本比較生理生化学会 第40回大会, 2018.

高橋奈々・伊澤栄一, “若年期ハシブトガラスの優劣関係における服従行動はオス間で表出されやすい,” 日本動物行動学会第37回大会, 2018.

瀬口瑛子・伊澤栄一, “ハシブトガラスの3者間同時交渉では1位オスの存在が劣位2者間の距離を縮める,” 日本動物行動学会第37回大会, 2018.

青田伊莉安・伊澤栄一, “ハシブトガラスの集団採餌場面における優劣順位の影響,” 日本動物行動学会第37回大会, 2018.

杉森真樹・笹原和俊・時田恵一郎, “ソーシャルボットの検出:言語非依存性の特徴量とボット集団の定量化,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

Take Yo, Ayahito Saji, and Kazutoshi Sasahara, “Quantification of diverse personal attributes in tweets,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

笹原和俊・田口靖啓, “日本語歌詞の道徳性:道徳基盤理論に基づくテキスト分析,” 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

Kazutoshi Sasahara, “You are what you eat: A social media study of personality traits,” The 4th Annual International Conference on Computational Social Science, 2018.

Rishemjit Kaur and Kazutoshi Sasahara, “Mapping the moral domain: A factor analysis of distributed representations of moral words,” The 4th Annual International Conference on Computational Social Science, 2018.

Masaki Sugimori and Kazutoshi Sasahara, “Analyzing behavioral complexity of social bots and bot clusters,” EVOSLACE: Workshop on the emergence and evolution of social learning, communication, language and culture in natural and artificial agents in ALIFE 2018, 2018.

Kazutoshi Sasahara, “Emergence of online echo chambers,” EVOSLACE: Workshop on the emergence and evolution of social learning, communication, language and culture in natural and artificial agents in ALIFE 2018, 2018.

余岳・笹原和俊, “ツイートが運ぶ多様な個人属性の定量化,” 第16回情報学ワークショップ, 2018.

Sugano Bruno Toshio and Kazutoshi Sasahara, “Quantifying “stabuckness” using social data from Tabelog,” 第16回情報学ワークショップ, 2018.

杜宝発・笹原和俊, “オンライン調査とソーシャルデータに基づく多様な個人属性の関係性の分析,” 第16回情報学ワークショップ, 2018.

杉森真樹・笹原和俊, “虚偽情報の拡散現象の定量化:言語的特徴と拡散基盤の分析,” 第16回情報学ワークショップ, 2018.

笹原和俊, “フード・アイデンティティーと購買意識,” ソーシャルメディア研究ワークショップ, 2018.

Bruno Toshio Sugano and Kazutoshi Sasahara, “Understanding “Starbucksness” from Tabelog,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

杉森真樹・水野誠・笹原和俊, “熱狂現象の計算社会科学:日本プロ野球のソーシャルメディア分析,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

Du Baofa and Kazutoshi Sasahara, “Relationships of political alignment and personal attributes: Online survey and social data analysis,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

笹原和俊, “フェイクニュース現象の計算社会科学,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

Akiko Matsuo, Kazutoshi Sasahara, Yasuhiro Taguchi and Minoru Karasawa, “Development and validation of the Japanese moral foundations dictionary,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

Take Yo and Kazutoshi Sasahara, “Prevalence of personal attributes found in twitter posts,” 第3回計算社会科学ワークショップ, 2018.

笹原和俊, “食の好みの左派右派と社会的分断,” 名古屋大学 予防早期医療創成センター 第8回ワークショップ, 2019.

総説・書籍

Ichiro Tsuda, “Self-organization with constraints ― The significance of invariant manifolds,” Advances in Cognitive Neurodynamics (VI), chap. 47: 1-4, pp. 371-374, Springer Dordrecht Heidelberg New York London, 2018.

Tomoyuki Yano, Yoshitomo Goto, Tomoyuki Nagaya, Ichiro Tsuda, and Shigetoshi Nara, “A pseudo-neuron device and firing dynamics of their networks similar to neural synchronizing phenomena between far local fields in the brain,” Advances in Cognitive Neurodynamics (VI), chap. 14: 1-9, pp. 109-117, Springer Dordrecht Heidelberg New York London, 2018.

浅田稔, “痛みを感じるロボットの意識・倫理と法制度,” 人工知能, vol. 33, no. 4, pp. 450-459, 2018.

Katarzyna Nowak, Adrian A. Barnett, and Ikki Matsuda, “Primates in Flooded Habitats: Ecology and Conservation,” Cambridge: Cambridge University Press, 2019.

足立幾磨・レナータ・メンドンサ・松沢哲郎, “他者をおもいやるこころの進化,” 科学, vol. 88, no. 11, pp. 1127-1128, 2018.

伊澤栄一, もう一つの高次脳システムの出現 鳥類の脳(第10章), 村上安則・滋野修一・野村真(編),『遺伝子から解き明かす脳の不思議な世界』 一色出版, pp. 361-399, 2018.

笹原和俊, “フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ,” DOJIN選書 079, 2018.

笹原和俊, “ツイートの中のモラル,” 人工知能, vol. 34, No. 2, pp. 146-151, 2019.

笹原和俊, “社会と調査,” no. 22, pp. 8-15, 2019.

招待講演

津田一郎, “創発インタラクション:ダイナミクスが生みだす知の可能性,” シンギュラリティーサロン, 2018.

津田一郎, “創発インタラクションの可能性:脳科学に基づく創発型人工知能を目指して,” 第32回人工知能学会 オーガナイズドセッション「自律・創発・汎用AIアーキテクチャー」, 2018.

津田一郎, “創発インタラクションの意義:機能分化に対する変分原理と数理モデル,” 全脳アーキテクチャー勉強会, 2018.

Ichiro Tsuda, “Science of complex systems: mathematical point of view,” Chubu University International Conference on Seeking for a New Conception of Science: The Future of Scientific Culture in East Asia, 2018.

津田一郎, “脳と心の創発インタラクションと発達:人工の心と自然の脳は対話可能か,” 日本発達神経科学学会 第7回学術集会, 2018.

津田一郎, “拘束条件付き自己組織化理論の展開:脳神経ダイナミクスと創発AI,” 関西医科大学大学院講座, 2018.

津田一郎, “拘束条件付き自己組織化:その枠組みと脳の機能分化への応用,” 物理学会 九州支部例会, 2018.

Ichiro Tsuda, “Emerging interactions yielding functional differentiation,” The 1st International Symposium on Symbiotic Intelligent Systems, 2019.

津田一郎, “心はすべて数学である,” 数学の創成:生命と社会の理(ことわり)のために, 2019.

津田一郎, “Artificial mind, real brain: are they commensurable? Emerging Perspective Program,” TFC Workshop, Emerging Perspective Program「互いに矛盾する分散制御と中枢制御の数理神経科学的融合」, 2019.

津田一郎, “複雑系科学からの創発AI-人工の心と現実の脳は対話可能か?,” 大阪大学浅田稔教授退職記念国際シンポジウム, 2019.

Ichiro Tsuda, “Functional differentiation via a variational principle,” HangZhou Forum on Cognitive Neuroscience and Intelligent Application, 2019.

Minoru Asada, “Consciousness, ethics, and legal system for robots who feel pain,” ALIFE 2018 Workshop on Cognitive Development, Learning and Representation Co-construction in Human-Robots Systems and Ambient Intelligence Systems, 2018.

浅田稔, “AI・ロボットシステムの意識・倫理と法制度,”日本ロボット学会 第6回ロボット考学研究専門委員会, 2018.

浅田稔, “君たちが決める人工知能・ロボットとの未来共生社会,” 千里ライフサイエンス振興財団 高校生出前授業, 2018.

浅田稔, “AI・ロボットとの共生社会の課題:共感,倫理,法制度,” 地盤工学会関西支部 記念講演, 2018.

浅田稔, “AI・ロボットとの共生社会の未来:認知発達ロボティクスの挑戦,” インフォテック 2018, 2018.

浅田稔, “AI・ロボットとの共生社会のあり方を問う!,” ロボットシンポジウム2019名古屋, 2019.

河合祐司, “脳を「つくって」脳と身体のメカニズムに迫る,” 第2回 中高生のための東工大 Gateway to Science 機械と人の脳:AIの先にあるものは, 2019.

菊知充, “社会脳から見た発達障がい, ” 平成30年日本学術会議 近畿地区会議学術講演会, 2018.

菊知充, “発達障害へのこれからのアプローチ, ” 第35回金沢医科大学精神神経科学教室懇話会, 2018.

池田尊司, “自閉スペクトラム症児の認知機能特性を脳磁図で探る,” 第20回「発達の臨床と理論」研究懇話会, 2018.

Ikki Matsuda, “Proboscis Monkeys – The Big Noses of Borneo-,” The 1st Asian Evolution Research Conference, 2018.

松田一希, “先端技術とフィールド調査 ―面白い研究ってなんだろう?―,” 第34回日本霊長類学会大会公開シンポジウム, 2018.

松田一希, “テングザル ~破壊される熱帯雨林の現状~,” OTANIサイエンスWEEKENDS, 2018.

亀田達也, “モラルの起源を考える –実験社会科学からの問い,” 第22回進化経済学会大会, 2018.

亀田達也, “モラルの基礎を考える: 実験社会科学からのアプローチ,” 東京大学人間行動科学拠点キックオフシンポジウム, 2018.

Tatsuya Kameda, “Adaptive/neural bases of distributive justice: Does “ought” have empirical grounds in “be”?” The 18th Winter Workshop in Rusutsu: Mechanism of Brain and Mind, 2018.

伊澤栄一, “ハシブトガラスの群れ内における技術伝播の偏り,” 日本生態学会第66回大会シンポジウム, 2019.

伊澤栄一, “身体がうみだすコミュニケーション空間:カラスの場合,” 公開シンポジウム「自己理解と他者理解: 脊椎動物において心的表象は共有されているか?」, 2019.

伊澤栄一, “もう1つの“こころ”の進化,” 慶應ライフサイエンスシンポジウム, 2018.

Ei-Ichi Izawa, “Lessons from avian social behavior: the evolution of communication and brain, …and body,” Brain and Evolution 2018: Japanese-German Summer School on Comparative Neuroscience and Brain Evolution, 2018.

高橋泰城, “神経経済学・量子意思決定論による行動分析の展開,” 日本行動計量学会第46回大会, 2018.

高橋泰城, “ベーシックインカムと行動経済学,” 日本行動経済学会第12回大会, 2018.

Taiki Takahashi, “Neural and Quantum Computation in Decision Making over Time and under Uncertainty,” The 17th International Conference on Unconventional Computation and Natural Computation, 2018.

笹原和俊, “なぜ急速に拡散するフェイクニュースの科学,” 夢ナビライブ2018, 2018.

笹原和俊, “フェイクニュース現象の計算社会科学,” 第4回計算社会科学とその周辺セミナー, 2018.

笹原和俊, “フェイクニュースの生態系:人とボットとソーシャルメディア,” 平成30年度名古屋大学公開講座 「 人間と機械-道具を生み出す動物、人間の行くすえは? 」, 2018.

笹原和俊, “食は人なり - 計算社会科学の観点から,” 名古屋大学 情報学部・情報学研究科 公開セミナー, 2018.

笹原和俊, “人はなぜスタバに行くのか?,” 名古屋大学 予防早期医療創成センター 第8回ワークショップ, 2019.

笹原和俊, “計算社会科学からポジティブな人間社会の設計論へ,” シンポジウム 「ポジティブ情報学」の誕生, 2019.

笹原和俊, “研究者の視点から:フェイクニュース現象の計算社会科学 ,” FIJセミナー フェイクニュース現象の本質は何か, 2019.

笹原和俊, “フェイクニュース現象の計算社会科学,” 2019 IEICE General Conference, 2019.

笹原和俊, “フェイクニュースの拡散現象の仕組み,” シンポジウム 「フェイクニュースとどう向き合うか――メディアの現場と社会科学・情報科学の対話」, 2019.

受賞

河合祐司・朴志勲・浅田稔, 『全国大会優秀賞(オーガナイズドセッション口頭発表部門)』, 第32回人工知能学会全国大会, 2018.

Yuji Kawai, Tomohiro Takimoto, Jihoon Park, and Minoru Asada, “Babybot Challenge Paper Award,” The 8th Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics, 2018.

河合祐司・朴志勲, 『優秀研究賞』, 日本神経回路学会, 2018.

吉村優子, 『第1回COI学会最優秀ポスター賞』, 大阪大学COI研究推進機構, 2018.

吉村優子, 『第4回COI2021会議 COI2021表彰特別賞』北海道大学/JST, 2018.

豊田有, 『ポスター発表奨励賞』, 新学術領域研究「共創言語進化」第3回領域全体会議, 2019.

上島淳史・亀田達也, 『ポスター賞』, 第22回実験社会科学カンファレンス, 2018.

上島淳史・亀田達也, 『行動経済学会 ポスター報告奨励賞(一般部門)』, 日本行動経済学会第12回大会, 2018.

上島淳史・亀田達也, 『若手ポスター発表賞』, 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

内藤碧・増田直紀・亀田達也, 『ポスター賞』, 第22回実験社会科学カンファレンス, 2018.

河田淳・永澤美保・村田藍子・茂木一孝・渡邊克巳・菊水健史・亀田達也, 『若手口頭発表賞』, 日本人間行動進化学会第11回大会, 2018.

報道

大学ジャーナル オンライン, 『中部大学教授による31年前の数理モデルをブラジルの数学者らが証明』, 2018

日本経済新聞, 『豊かな森で細菌多様に』, 2018

日本経済新聞, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

京都新聞, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

週刊新潮, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

公明新聞, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

日刊工業新聞, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

京都大学生協 書評雑誌「綴葉」, 『『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』の書評』, 2018

琉球新報, 『選挙結果動かす恐れ 識者「即座の反応避けて」』, 2018

琉球新報, 『偏っているのはあなた?フィルターバブルとエコーチェンバー』, 2018

沖縄タイムス, 『異なる意見拒絶反応 対立あおる「共鳴室」』, 2018

沖縄タイムス, 『相手理解する姿勢を 交流分断 個と制度で対策』, 2018

平成29年度

原著論文

Bertrand Jayles, Hye-rin Kim, Ramón Escobedo, Stéphane Cezera, Adrien Blanchet, Tatsuya Kameda, Clément Sire and Guy Theraulaz, “How social information can improve estimation accuracy in human groups,” Proceedings of the National Academy of Sciences USA, vol. 114, no. 47, pp. 12620-12625, 2017.

小川昭利・横山諒一・亀田達也, “日本語版ToM Localizer for fMRIの開発,” 心理学研究, vol.88, No. 4, pp.363-375, 2017.

Tetsuya Takahashi, Takashi Goto, Sou Nobukawa, Yuji Tanaka, Mitsuru Kikuchi, Masato Higashima, and Yuji Wada, “Abnormal functional connectivity of high-frequency rhythms in drug-naïve schizophrenia,” Clinical Neurophysiology, vol. 129, no. 1, pp.222-231, 2018.

Hiroki Koda, Tadahiro Murai, Augustine Tuuga, Benoit Goossens, Senthilvel K. S. S. Nathan, Danica J. Stark, Diana A. R. Ramirez, John C. M. Sha, Ismon Osman, Rosa Sipangkui, Satoru Seino, Ikki Matsuda, “Nasalization by Nasalis larvatus: Larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys,” Science Advances, vol. 4, no. 2, eaaq0250, 2018.

査読付き国際会議

Take Yo and Kazutoshi Sasahara, Inference of Personal Attributes from Tweets Using Machine Learning, In Proceedings of the 2017 IEEE Big Data, pp. 3086-3092, 2017

査読なし国内・国際会議

松田一希, “動物園をフィールドの窓にー野外研究との連携例,” SAGA20(第20回アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い), 2017.

笹原和俊, “情報化社会における「分断」の諸相,” 第2回計算社会科学研究会, 2017.

香田啓貴, “発話能力の進化史の推定,” 第47回ホミニゼーション研究会「言語の生物学と進化」, 2017.

足立幾磨, “感覚間一致の比較認知科学,” 第47回ホミニゼーション研究会「言語の生物学と進化」, 2017.

岩城諒・浅田稔, “Monotonic Policy Improvement from On- and Off-Policy Mixture Data,” 第20回情報論的学習理論ワークショップ, 2017.

Kazutoshi Sasahara, “Development and validation of social networking principles for supporting diverge information flows and value creation,” 新春日米ワークショップ2018, 2018.

田口靖啓・笹原和俊, “ヒットソングにみる日本人の道徳基盤,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

杉森真樹・笹原和俊・時田恵一郎, “機械学習を用いたソーシャルボットの検出と分析:英語と日本語の比較,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

余岳・笹原和俊, “ツイートが運ぶ個人属性の分析,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

河合祐司・朴志勲・浅田稔, “スモールワールド性を有するリカレントネットワークの学習性能評価,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

岩城諒・浅田稔, “Toward Off-Policy Monotonic Policy Improvement,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “A small-world topology enhances the echo state property of partially connected recurrent networks,” The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division, 2018.

Jihoon Park, Yuji Kawai, and Minoru Asada, “Neural representation of behavioral transitions emerged from an oscillator network,” The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division, 2018.

総説・書籍

菊知充, “自閉症幼児期における最近のMEG研究,” 日本精神神経学会誌, vol. 119, no. 12, pp.935-940, 2017.

松田一希, “ウシのような胃をもち、ヒトのような社会でくらすサル,”  小林真, 工藤岳 (編), 『生物学者、地球を行く』文一総合出版, pp. 160-167, 2018.

河合祐司・浅田稔(編著), 池本周平, 小川浩平, 細田耕, 吉川雄一郎(著)『大阪大学総合学術博物館叢書14 ロボットからヒトを識る』大阪大学出版会, 2018.

招待講演

荒井迅, “力学系の大域的計算の困難さについて,” 岐阜数理科学セミナー, 2017.

Ichiro Tsuda, “Computational theory for constrained self-organization in neural systems and its applications,” Advances in Neuroinformatics 2017, 2017.

Takao Namiki and Ichiro Tsuda, “Mathematical Structures in the Brain,” Advances in Neuroinformatics 2017, 2017.

菊知充, “Challenge to the brain functional measurement during parent-child interaction,” 第5回INCF日本ノード国際ワークショップ Advances in Neuroinformatics, 2017.

熊崎博一, “自閉スペクトラム症診断の問題点と今後の展開,” 第18回発達懇話会, 2017.

菊知充, “自閉スペクトラム症のMEG 研究,” 第47回日本臨床神経生理学会学術大会・第29回小児脳機能研究会, 2017.

菊知充, “Atypical development of the central auditory system in young children with Autism spectrum disorder,” CCD-KIT MEG Workshop, 2017.

高橋泰城, “行動を規定するものは何か:欲求、学習(習慣),” 行動経済学会, 2017.

犬飼佳吾, “実験から読み解くヒトと人の社会,” 行動経済学会, 2017.

津田一郎, “拘束条件付き自己組織化理論とその脳科学への応用,” TFC Workshop, Emerging Perspective Program「互いに矛盾する分散制御と中枢制御の数理神経科学的融合」, 2018.

高橋泰城, “意思決定ICTの基礎と応用,” 応用脳科学コンソーシアム, 2018.

亀田達也, “モラルの基礎を考える:実験社会科学からのアプローチ,” 東京大学人間行動科学研究拠点キックオフシンポジウム, 2018.

Ichiro Tsuda, Minoru Asada, Yuji Kawai, Mitsuru Kikuchi, Ikki Matsuda, and Tatsuya Kameda, “An exploration of the principle of emerging interactions in spatiotemporal diversity,” SymCollab2018 IUI Workshop on Symbiotic Interaction and Harmonic Collaboration for Wisdom Computing, 2018.

Ichiro Tsuda, “Toward the interpretation of DLB hallucinations in terms of variational principle,” Workshop on Neural Mechanisms of the DLB Hallucinations and Mathematical Modelling, 2018.

亀田達也, “モラルの起源を考える:実験社会科学からの問い,” 進化経済学会第22回大会 プレナリートーク, 2018.

荒井迅, “複素から見た分岐理論,” IPA Math 2017, 2017.

齋藤美松, 亀田達也, “持続可能な社会形成に高齢層が果たす役割の検討,” 第1回フューチャー・デザイン・ワークショップ, 2018.

Tatsuya Kameda, “Adaptive/neural bases of disributive justice: Does “ought” have empirical grounds in “be”?,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

受賞

犬飼佳吾, 『大阪大学賞 若手教員部門』, 大阪大学, 2017.

上島敦史・小川昭利・犬飼佳吾・亀田達也, 『ポスター報告奨励賞(一般部門)』, 行動経済学会第11回大会, 2017.

吉村優子, 『平成29年度はあざみ女性研究者賞 若葉賞』, 金沢大学, 2017.

金ヘリン, 『大塚賞』, 北海道大学, 2018.

亀田達也, 『出版賞』, 日本社会心理学会, 2018.

報道

朝日新聞, 『元旦社説「来たるべき民主主義 より長い時間軸の政治を」』, 2018/1/1.

日本経済新聞, 『未来の利益いまどう代弁?』, 2018/2/13.

National Geographic USA, “For This Monkey, a Bigger Nose Means a Better Sex Life,” 2018/2/21.

Webナショジオ, 『大きな鼻ほど強くてモテる、テングザルで判明』, 2018/2/22.

The Asahi Shimbun, “Study: Proboscis monkeys evolved bigger noses to get more females,” 2018/2/22.

朝日新聞『テングザル、鼻が大きい鼻が「男前」』, 2018/2/22.

佐賀新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/2/22.

共同通信『大きな鼻は男らしさの証し テングザル調査、京大』, 2018/2/22.

時事通信『大きな鼻ほど強くアピール=雄テングザル、雌に』, 2018/2/22.

福井新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/2/22.

東京新聞『大きな鼻は男らしさの証し テングザル調査、京大』, 2018/2/22.

朝日小学生新聞『テングザル、鼻が大きいと「男前」』, 2018/2/23.

日本経済新聞『鼻大きいほど繁殖能力高く テングザル、京大など調査』, 2018/2/26.

毎日新聞『テングザル 大きな鼻、男らしさの証し? 体格良く 繁殖能力も高く』, 2018/2/28.

京都新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/3/9.

MEITEK ネットニュース『31年を経て証明に成功――連想記憶の機構の一端を説明する数理モデル、コンピューターを使った検証で正確だと明らかに』, 2018/3/28.