業績

平成29年度

原著論文

Bertrand Jayles, Hye-rin Kim, Ramón Escobedo, Stéphane Cezera, Adrien Blanchet, Tatsuya Kameda, Clément Sire and Guy Theraulaz, “How social information can improve estimation accuracy in human groups,” Proceedings of the National Academy of Sciences USA, vol. 114, no. 47, pp. 12620-12625, 2017.

小川昭利, 横山諒一, 亀田達也 “日本語版ToM Localizer for fMRIの開発,” 心理学研究, vol.88, No. 4, pp.363-375, 2017.

Tetsuya Takahashi, Takashi Goto, Sou Nobukawa, Yuji Tanaka, Mitsuru Kikuchi, Masato Higashima, and Yuji Wada, “Abnormal functional connectivity of high-frequency rhythms in drug-naïve schizophrenia,” Clinical Neurophysiology, vol. 129, No. 1, pp.222-231, 2018.

Hiroki Koda, Tadahiro Murai, Augustine Tuuga, Benoit Goossens, Senthilvel K. S. S. Nathan, Danica J. Stark, Diana A. R. Ramirez, John C. M. Sha, Ismon Osman, Rosa Sipangkui, Satoru Seino, Ikki Matsuda, “Nasalization by Nasalis larvatus: Larger noses audiovisually advertise conspecifics in proboscis monkeys,” Science Advances, vol. 4, no. 2, eaaq0250, 2018.

査読付き国際会議

Take Yo and Kazutoshi Sasahara, Inference of Personal Attributes from Tweets Using Machine Learning, In Proceedings of the 2017 IEEE Big Data, pp. 3086-3092, 2017

査読なし国内・国際会議

松田一希, “動物園をフィールドの窓にー野外研究との連携例,” SAGA20(第20回アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い), 2017.

笹原和俊, “情報化社会における「分断」の諸相,” 第2回計算社会科学研究会, 2017.

香田啓貴, “発話能力の進化史の推定,” 第47回ホミニゼーション研究会「言語の生物学と進化」, 2017.

足立幾磨, “感覚間一致の比較認知科学,” 第47回ホミニゼーション研究会「言語の生物学と進化」, 2017.

岩城諒, 浅田稔, “Monotonic Policy Improvement from On- and Off-Policy Mixture Data,” 第20回情報論的学習理論ワークショップ, 2017.

Kazutoshi Sasahara, “Development and validation of social networking principles for supporting diverge information flows and value creation,” 新春日米ワークショップ2018, 2018.

田口靖啓, 笹原和俊, “ヒットソングにみる日本人の道徳基盤,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

杉森真樹, 笹原和俊, 時田恵一郎, “機械学習を用いたソーシャルボットの検出と分析:英語と日本語の比較,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

余岳, 笹原和俊, “ツイートが運ぶ個人属性の分析,” 第2回計算社会科学ワークショップ, 2018.

河合祐司, 朴志勲, 浅田稔, “スモールワールド性を有するリカレントネットワークの学習性能評価,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

岩城諒, 浅田稔, “Toward Off-Policy Monotonic Policy Improvement,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

Yuji Kawai, Jihoon Park, and Minoru Asada, “A small-world topology enhances the echo state property of partially connected recurrent networks,” The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division, 2018.

Jihoon Park, Yuji Kawai, and Minoru Asada, “Neural representation of behavioral transitions emerged from an oscillator network,” The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division, 2018.

総説・書籍

菊知充, “自閉症幼児期における最近のMEG研究,” 日本精神神経学会誌, vol. 119, no. 12, pp.935-940, 2017.

松田一希, “ウシのような胃をもち、ヒトのような社会でくらすサル,”  小林真, 工藤岳 (編), 『生物学者、地球を行く』文一総合出版, pp. 160-167, 2018.

河合祐司, 浅田稔(編著), 池本周平, 小川浩平, 細田耕, 吉川雄一郎(著)『大阪大学総合学術博物館叢書14 ロボットからヒトを識る』大阪大学出版会, 2018.

招待講演

荒井迅, “力学系の大域的計算の困難さについて,” 岐阜数理科学セミナー, 2017.

Ichiro Tsuda, “Computational theory for constrained self-organization in neural systems and its applications,” Advances in Neuroinformatics 2017, 2017.

Takao Namiki and Ichiro Tsuda, “Mathematical Structures in the Brain,” Advances in Neuroinformatics 2017, 2017.

菊知充, “Challenge to the brain functional measurement during parent-child interaction,” 第5回INCF日本ノード国際ワークショップ Advances in Neuroinformatics, 2017.

熊崎博一, “自閉スペクトラム症診断の問題点と今後の展開,” 第18回発達懇話会, 2017.

菊知充, “自閉スペクトラム症のMEG 研究,” 第47回日本臨床神経生理学会学術大会・第29回小児脳機能研究会, 2017.

菊知充, “Atypical development of the central auditory system in young children with Autism spectrum disorder,” CCD-KIT MEG Workshop, 2017.

高橋泰城, “行動を規定するものは何か:欲求、学習(習慣),” 行動経済学会, 2017.

犬飼佳吾, “実験から読み解くヒトと人の社会,” 行動経済学会, 2017.

津田一郎, “拘束条件付き自己組織化理論とその脳科学への応用,” TFC Workshop, Emerging Perspective Program「互いに矛盾する分散制御と中枢制御の数理神経科学的融合」, 2018.

高橋泰城, “意思決定ICTの基礎と応用,” 応用脳科学コンソーシアム, 2018.

亀田達也, “モラルの基礎を考える:実験社会科学からのアプローチ,” 東京大学人間行動科学研究拠点キックオフシンポジウム, 2018.

Ichiro Tsuda, Minoru Asada, Yuji Kawai, Mitsuru Kikuchi, Ikki Matsuda, and Tatsuya Kameda, “An exploration of the principle of emerging interactions in spatiotemporal diversity,” SymCollab2018 IUI Workshop on Symbiotic Interaction and Harmonic Collaboration for Wisdom Computing, 2018.

Ichiro Tsuda, “Toward the interpretation of DLB hallucinations in terms of variational principle,” Workshop on Neural Mechanisms of the DLB Hallucinations and Mathematical Modelling, 2018.

亀田達也, “モラルの起源を考える:実験社会科学からの問い,” 進化経済学会第22回大会 プレナリートーク, 2018.

荒井迅, “複素から見た分岐理論,” IPA Math 2017, 2017.

齋藤美松, 亀田達也, “持続可能な社会形成に高齢層が果たす役割の検討,” 第1回フューチャー・デザイン・ワークショップ, 2018.

Tatsuya Kameda, “Adaptive/neural bases of disributive justice: Does “ought” have empirical grounds in “be”?,” 脳と心のメカニズム 第18回冬のワークショップ, 2018.

受賞

犬飼佳吾, 『大阪大学賞 若手教員部門』, 大阪大学, 2017.

上島敦史, 小川昭利, 犬飼佳吾, 亀田達也, 『ポスター報告奨励賞(一般部門)』, 行動経済学会第11回大会, 2017.

吉村優子, 『平成29年度はあざみ女性研究者賞 若葉賞』, 金沢大学, 2017.

金ヘリン, 『大塚賞』, 北海道大学, 2018.

亀田達也, 『出版賞』, 日本社会心理学会, 2018.

報道

朝日新聞, 『元旦社説「来たるべき民主主義 より長い時間軸の政治を」』, 2018/1/1.

日本経済新聞, 『未来の利益いまどう代弁?』, 2018/2/13.

National Geographic USA, “For This Monkey, a Bigger Nose Means a Better Sex Life,” 2018/2/21.

Webナショジオ, 『大きな鼻ほど強くてモテる、テングザルで判明』, 2018/2/22.

The Asahi Shimbun, “Study: Proboscis monkeys evolved bigger noses to get more females,” 2018/2/22.

朝日新聞『テングザル、鼻が大きい鼻が「男前」』, 2018/2/22.

佐賀新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/2/22.

共同通信『大きな鼻は男らしさの証し テングザル調査、京大』, 2018/2/22.

時事通信『大きな鼻ほど強くアピール=雄テングザル、雌に』, 2018/2/22.

福井新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/2/22.

東京新聞『大きな鼻は男らしさの証し テングザル調査、京大』, 2018/2/22.

朝日小学生新聞『テングザル、鼻が大きいと「男前」』, 2018/2/23.

日本経済新聞『鼻大きいほど繁殖能力高く テングザル、京大など調査』, 2018/2/26.

毎日新聞『テングザル 大きな鼻、男らしさの証し? 体格良く 繁殖能力も高く』, 2018/2/28.

京都新聞『大きな鼻は男らしさの証し』, 2018/3/9.

MEITEK ネットニュース『31年を経て証明に成功――連想記憶の機構の一端を説明する数理モデル、コンピューターを使った検証で正確だと明らかに』, 2018/3/28.